ごあいさつ

 

TOP08

 

 

はじめまして、ちいさな島宿 cagoです。
2014年の春より、竹富島のなごみの塔のすぐ側でお宿をすることになりました。
心が凪ぐ場所。
夕方になって音がすぅとなくなった瞬間に心の底からリラックス。
わずか3部屋。簡素で優しい空間です。
いろいろなものはご用意はできませんが
読書をしたり、音楽を聴いたり、お昼寝したり、小さなプールで泳いだり、
お気に召すままゆっくりと、羽を広げて
お過ごしください。

 

TOP07

 

 

この島宿へ巡り会うまで
私はこれまで仕事の傍らたくさんの旅をしてきました。
北は北海道から南は沖縄・八重山。
海外はフランス、ニューヨーク、オーストラリア、アジア各国。
旅は仕事の活力と、アイデアを与えてくれます。

石垣島からわずか10分ほどの竹富島。
人口350人ほどのこの島は3つの集落からできていて
島全体が西表石垣国立公園に指定されています。

蝶の舞う島
星の砂の島
長寿の島

コンビニも、車の渋滞も、ファーストフードも何にもない。
なんにもしないし、追われるものもない。
只ただ、そこにはソーダみたいな海、雲ひとつない青空、
アスファルトではない真っ白なサンゴの道、赤瓦の屋根の上にはシーサーたち。
蝶々が飛んでいて、猫があちこちでお昼寝、牛がのんびり道草。
そして、そこでは島の神が。
この瞬間、私は竹富島に恋をしてしまいました。

そしてここから、ちいさな島宿の物語が始まります。

ちいさな島宿名前、cagoとは・・・
旅人を包み込む、守ってあげるという意味が込められています。
そして、この名前は私が大好きな大好きなアーティスト、
orange pekoeのトモコさんより命名いただきました。

 

 
TOP01